2018年01月05日

冬の過ごし方

DSC_5872.JPG
目まぐるしい日常を過ごしていたら、年が明けておりました。

玄関のお正月飾りは、患者さま作ですぴかぴか(新しい)

年末年始、乱れた食リズムで胃腸が疲れてらっしゃる患者さまが多数です。

@少食!を猛プッシュしております。

東洋医学的には、冬は泌尿器科にも不調が出やすい季節です。


A下半身を冷やさない
B黒色の食材を摂取する
のも良いと思われます。

黒色食べ物…
黒豆、黒ごま、こんにゃく、きくらげ、わかめ、のり…

体のために尽くしてくれそうなイメージが湧く食材たちです。

C心を穏やかに過ごす
とも、大事だと古書に記されています。

年末に隣家の貴婦人からのお手紙返信に「憧れています」と書いた翌日に、子どもたちに「片付けなさいと何回言わすー!」と叫びまくったので

今年こそ隣家貴婦人の言動を見習おうと反省しています。

今からちょっとの隙間時間に家族でお灸タイムします〜
家族も私も、皆様も、健康で心穏やかな冬になりますように。
posted by すがはら at 16:57| Comment(0) | 日記